読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違いについて

今日は勉強会に参加してきました。

エフェソ4:1〜を読みました。

聖書の勉強をすることは、神様、イエスとの恋愛関係なんだなぁと思いました。

洗礼志願をすることは神様との婚約、洗礼を受けることは神様との結婚です。

人によって何年もかかる人もいれば、数ヶ月でクリスチャンになる人もいたり。。と

人によって違いは様々のようです。

そんなことを学んだ1日でした。

 

そしてカトリックプロテスタントの違いについても学びました。

カトリックは昔々は教皇や司祭がぜいたくで派手な生活をしていたようです。

そしてそれに呆れた宗教改革者達が「イエスはそんなことをしない」と

反旗をひるがえして共感する信徒達を引き連れ

カトリックを離れました。

そうした兄弟ケンカのような状態で生まれたのがプロテスタントだ、と学びました。

 

聖書の読み方にも違いがあるようです。

カトリックは自由解釈を認めないで、権威的解釈をするそうです。

聖書の解釈、教導権はカトリック教会にある、というのがカトリック

聖書の解釈はクリスチャン一人一人が自由に解釈して良い、という

自由解釈を認めているのがプロテスタントです。

 

そして聖体拝領はプロテスタントはシンボルとして扱うため、

来た人誰でもうけることができるけど、

カトリックは聖体を実体として扱うため、

信徒のみがうけることができ、信徒でない方は祝福を受けるという形なのだそうです。

 

そしてプロテスタントはマリア崇拝をしませんが、

カトリックはマリア様を崇拝をしているわけではなく、

祈りを取り次いでくださる方としてマリア様を大事にしているわけです。

 

像にかんしても、プロテスタントでは十字架のみで、あらゆる像を崇めることを禁じていますが、

カトリックでは像を通してよりよく祈れるように、と像を認めているのだそうです。

 

近年では今までの対立を互いに見直して、

一致運動も生まれているそうですが、なかなか難しい点もあるようです。

 

今日は聖書の内容というより、歴史について学んだ1日でした。

行って本当によかったです。

次回の勉強会も楽しみにしたいと思います。